hoshostem’s blog

備忘録

公道でイラッとする運転TOP5(あまり意味のない対策つき)

公道で運転していてイラッとすることありませんか?
私は運転の荒い地域に住んでいるせいか、毎日のようにあります。

皆さんへの注意喚起のために今回はイラッとする運転TOP5を書いてみます。(本当はただの愚痴)
それだけではただの愚痴なので、役に立つ対策を書いてみたいと思います。

5位 車速の変動が激しい

これは地味にイライラします。

2車線以上あれば追い越せばいいのですが、1車線だと地獄です。

ちょっと上り坂だと減速、下り坂になると際限なく加速してゆく。
急に思い出したように加速、減速…

お前が渋滞を作り出してるんだよ!!!!

自然渋滞の原因もわからないアホなんだと思います。

対策
アホにイライラしてもしょうがないので、アホの平均速度をつかんで一定の速度で巡航する練習だと思いましょう。

4位 ウィンカーを出さない

これも地味にイラッと系。

急に減速して、「なんだなんだ?!」と思ったら左折。
最後に記念のウィンカーを出して去ってゆく。

もしくは段々車線をはみ出してきたと思ったら、まさかの車線変更。

これもウィンカー出す意味もわからないアホなんでしょう。

対策
「この車はヤバい」という雰囲気を察知したら、なるべく車間をあけるようにしましょう。
自分がぶつからずに止まれたとしても、後ろから追突される危険があります。

3位 車線を割ってくる

圧倒的に年寄りに多い…かと思いきや意外とどの世代にもいる。

車線変更したいのかただはみ出ているだけなのかわからなくて非常に怖い。
追い越すのも怖い。

本当に免許返納してほしい。
それか軽でも乗ってろ!

完全に車幅の感覚が欠如した運転不適合者です。
かつサイドミラーで定期的に車幅感覚を確認しようともしない怠惰な人間。
きっと運転以外でも軽蔑されるような人間でしょう。

対策
上記のような人間であることを思い出し、蔑みながら一気に追い越す。

2位 車間距離が異様に近い

あおってるのかと思いきやそうでもない。

何か飛び出してきて俺が急ブレーキ踏んだらどうするんだろうね?

想像力が欠如したダメ人間だね。
リスク管理能力もゼロ。

対策
ルームミラーに映るのが目障りなので、ミラーをあさっての方向に向けましょう。
可能であれば追い越させるか、前の車を追い越すのがベスト。

1位 左折で右に膨らむ

これは本当に怖い。
事故っていないのが不思議でしょうがない。

お前の車でハンドルを右に切る必要まったくないだろ?
曲がりきれないんだとしたらお前のカーブへの進入速度が速すぎるんだよバカ。

対策
なし。
ぶつからないことを神に祈る。




以上ただの愚痴でした。 自動運転が普及することを切に願っています。

オーボエのアンブシュアについて

オーボエはギネスで認定されるほど難しい楽器!」と良く言われます。

しかし、オーボエを10年以上吹いてきましたが、オーボエの演奏法については他の楽器と比較して難しいとは思えません。
ヴァイオリン、ピアノの方がよっぽど難しそうです…
少なくとも作曲家はオーボエの限界を理解して曲を書いてくれています。

オーボエが難しいのは、リードの影響、楽器の調整の影響を受けやすいからではないでしょうか?

また、リードとアンブシュアとの相性も重要なため、リード製作者=レッスンを受ける先生でない初心者は苦労すると思います。
私も自分の音がまともなだと思えるようになるまで8年かかりました。

アンブシュアと音は密接に関係しています。
時々、「良い音には呼吸が最も大事!」という人がいますが、間違いだと思います。

私も、良い音のためにさんざん呼吸について勉強しましたが、自分の音が劇的に変わった時はアンブシュアを変えたときでした。
呼吸はアンブシュアが整っている前提で 楽に吹く、フォルテやピアノでも変な力が入らない ために役に立つものだと思います。

今回は、オーボエアンブシュアについて、私の経験をもとに体系的に書いてみたいと思います。

1. アンブシュアと音の関係

アンブシュアとひとくちに言いますが、それを構成する要素は 唇の巻き方、リードをくわえる深さ、口の端を横に引くかまとめるか など非常多いです。

トップ奏者のアンブシュアを外見だけ真似しても、おそらくその人のアンブシュアは再現できないでしょう。
さらに、人によって 唇のやわらかさ、歯並び などが違いますので、同じ効果が出る最適なアンブシュアの形も変わってきます

これは非常に重要で、ある奏者があなたの体に乗り移ってきて演奏したとしても、その奏者の音は出ないということです。

また、実際に音を出しているのはリードであってアンブシュアではありません。
理想の音を実現するためにアンブシュアでリードをコントロールする必要があります。

では何をコントロールすれば良いのか?
私の経験ではリードの a.振動モード b.閉じ方 c.振動吸収 をアンブシュアでコントロールすることが重要です。

以下でそれぞれについて具体的に説明します。

2. コントロールするリードの特性

a. リードの振動モード

リードは演奏する音程によって、振動する形(=振動モード)が変わります。
振動モードはリードの形状や堅さによって変わってくるのですが、唇が接していることで振動モードも変化すると考えられます。

弦楽器のフラジオレットをイメージするのがわかりやすいでしょうか。
弦の特性は変わっていませんが、指をある位置に置くことで振動モードが変わって違う音が出ます。

これは、リードをくわえる深さでコントロールすることができると考えています。

b. リードの閉じ方

リードはベルヌーイ効果によって振動させられています。
リードの狭い隙間を息が速く流れ、その流れにリードが引きつけられ、弾力で元に戻る、また引きつけられる…ということを繰り返しています。

このベルヌーイ効果の程度は、リードの閉じ方に大きな影響を与えると考えられます。
リードをつぶすと音が出やすくなるのは皆さん経験しているのではないでしょうか?

これは、当然ながらリードを噛む方向の力をかけることでコントロールできます。

c. リードの振動を吸収する程度

リードの振動は唇によって部分的に吸収されます。
リードの糸の部分をくわえるとクロウのように倍音が多い音が出ますが、先端の方をくわえると倍音の少ない暗い音になります。

このように、リードの振動を吸収する程度は音色に大きな影響を与えていると考えられます。

これをコントロールすることができるのは、唇の硬さとリードに当たっている面積だと考えられます。
また、くわえる深さも影響していると考えられます。

3. まとめ

リードをコントロールできるアンブシュアの要素は、
  リードをくわえる深さ、リードを噛む力、リードに当たる唇の硬さと面積 の3点だと考えられます。

具体的には、
  リードを浅くくわえ、唇をやわらかくして、巻き込みを多くする
    ⇒ やわらかい(倍音が少ない) and 音程が低い音
  リードを深くくわえ、唇を硬くして、巻き込みを少なくする
    ⇒ 明るい(倍音が多い)音  and 音程が高い音
になると考えられます。

ここで噛む力を取り上げなかったのは、経験的に噛むことで音が悪くなることが多かったためです。
噛む力は最小限にしておくのが良いと思います。

西洋人と比較して日本人は唇が厚い人が多いので、個人的には唇を少し横に引いて硬くした方が良い音が出ると思っています。
いずれにせよ、上記の要素を適切に組み合わせて目指す音が出るようなアンブシュアを模索していく必要があります。

リードはどうすれば長持ちするの?

リードにお困りですか?

クラリネットサキソフォンオーボエファゴット等の奏者の悩みといったらリードですよね。 ここでは大学での研究結果をもとに、「リードが長持ちする方法」をお教えします!

目次

  1. なんでリードは使えなくなるのか?
  2. どうすればリードの寿命を伸ばせるの?
  3. 参考文献

1. なんでリードは使えなくなるのか?

そもそもなんでリードは使えなくなるんでしょうか? 原因を探るために、リードを使うときにリードが受ける刺激を考えてみます。

  1. 水(唾液)につかる
  2. 振動させられる

こんなものでしょうか?(厳密に言えば口で挟む力とかも関係しそうですが、今回の論文で取り上げられていないので除外します)

aについては、リードに含まれている成分が水に溶け出すことや、リードの素材である葦の細胞壁が湿って形状変化することでリードの振動特性が変化するそうです。
bについては、強制的にリードを振動させると振動特性が変化することが確認されたそうです。

どちらもリードの変化の原因みたいですが、どうやらaの水の方が影響が大きいようです。

2. どうすればリードの寿命を伸ばせるの?

以上のように、リードの劣化の原因は水が大きいみたいですね。 つまり、リードの劣化を防ぐには水につかる時間を減らせばいいということになります。

リードが水に接している時間はと言うと…
1. 演奏前にリードを水につける(オーボエファゴットのみ?)
2. 演奏中に唾液がつく
の2場面しかありませんよね。

まとめると、リードの寿命を伸ばすには、
・演奏前にできるだけ水につけないようにする
・演奏に使わない
ぐらいしかなさそうです…

プラスチックリード等の人工リードの発達に期待しましょう!

3. 参考文献

Akahoshi H, Obataya (2015) Effects of wet–dry cycling on the mechanical properties of Arundo donax L. used for the vibrating reed in woodwind instruments. Wood Science and Technology 49(6):1171-1183

筋肉をつけるにはどうすればいいの?

ネット上で様々な筋トレ方法が紹介されています。
しかし、筋肉をつけるために必要なことが簡潔に書いてあるサイトは少ないのが現状です。
ここでは、筋肉をつける(筋肥大させる)にあたって必要な事項をまとめます。

目次

  1. 食事
  2. トレーニング
  3. 休養
  4. 参考になるサイト

1. 食事

初心者が筋トレを行うにあたって、最も重要性が理解されていないのが食事です。

まず、アナボリック、カタボリックという言葉があります。

  • アナボリック=同化作用(筋肉を合成する作用)
  • カタボリック=異化作用(筋肉を分解する作用)
    ※正確には同化、異化作用はそれぞれAnabolism, Catabolism(アナボリズム、カタボリズム)と訳されます。

体の中ではこれらの作用が同時に生じています。
筋肉を増やしていくには、アナボリックが優位な状態を作る必要があります。
どうしたらアナボリックが優位な状態を作れるのでしょうか? 条件は2つあります。

第1条件:カロリー収支

第1の条件は、消費カロリーを上回るカロリーを摂取することです。
(摂取カロリー)<(消費カロリー)の状態では、エネルギー不足のため筋肉が分解されてしまいます。
(摂取カロリー)>(消費カロリー)の状態にすることで初めて、筋肉を合成する条件が得られます。

第2条件:タンパク質量

第2の条件は、十分にタンパク質を摂取することです。
ご存知のように、筋肉の原料はタンパク質です。
原料が足りなければ筋肉を合成することはできません。

では、どの程度のタンパク質を摂取すればいいのでしょうか? 諸説ありますが、激しい運動(=筋トレ)を行う場合、
(摂取すべきタンパク質量[g])=(体重[kg])×2 [g/kg]
程度を1日に摂取すれば良いと言われています。
つまり、体重が60kgであれば、120g程度ですね。

厚生労働省の調査によれば、2013年の日本人のタンパク質平均摂取量は約70gです。 これを基準にすれば、先ほどの体重60kgの人は追加で+50gのタンパク質を採る必要があります。 これは、牛肉300gにだいたい相当します。

普段の食事+牛肉300g…
とれますか?

ここでプロテインが登場します。 プロテインは足りないタンパク質を補う、いわばサプリメントです。
また、牛肉等と違って脂質が少ないため、脂肪をつけずにタンパク質を摂取することができます。

※タンパク質を採りすぎると腎臓に悪い、という説もあります。
しかし、腎臓に障害がない人にとってタンパク質の過剰摂取が問題となる証拠はないようです。
江部康二の大豆よもやま話|第12回 糖質制限食(高タンパク食)を食べ続けても問題はない | マルヤナギ 毎日だいず応援団
でも、栄養が偏るのは明らかに体に良くなさそうですし、無駄にタンパク質を採るのもお金の無駄なので、上の基準程度に摂取するのが良いかと思います。

2. トレーニング

筋肉を大きくするにはどのようなトレーニングが必要なのでしょうか?

まず、筋肉には速筋遅筋で構成されています。
遅筋は筋肥大しないので、筋肉を大きくするには速筋を刺激する必要があります。
※さらに速筋の中にも2aと2bというのがあって、筋肥大に適しているのは2bです。ここではややこしいので単に速筋とします。

速筋に刺激を加えるにはどうすればいいのでしょう?
簡単にいうと、高負荷をかけることで速筋が使われます。
ただ高負荷をかければいいわけではなく、負荷をかける回数も重要です。

これらを満たすトレーニングプログラムとして、様々な研究や経験則から、
10RM×3セット(10回行うのが限界の運動を3セット)
程度が筋肥大に適していると言われています。
※RMはRepetition Maximumの略で、ある重量で繰り返し可能な最大数を意味します。

10RMに明確な理由がある訳ではないので、実用上
8~12RM×3セット
といったところが良いかと思います。

ここで注意です。
8~12RMとは、8〜12回繰り返すのが限界の重量で限界まで繰り返すということです。
軽い重量で8〜12回繰り返しても無意味です。

3. 休養

トレーニングで刺激されて傷ついた筋肉は、徐々に回復しながら、以前よりも若干強くなろうとします。
この回復には、個人差や部位差もありますが、1〜3日程度かかります。

筋肉の大きさによって回復時間が違いますし、回復が速い人や遅い人がいます。
トレーニング後、実際にどの程度休養するかは、自分の体の状態を見ながら模索してみてください。

4. 参考になるサイト

ダイエット&筋トレ 基礎解析 – 浜松町Lifting Modeがダイエット及び筋トレに関する情報を整理解説します。

AthleteBody.jp


内容についてご意見ありましたら、コメント欄にお願いします。